トラブル自己診断 7つの自己診断方法を駆使してトラブルを解決しましょう!※当店よりご購入済みのお客様はご相談も可能

【自己診断方法 1番】
電話機入れ替えによる原因切り分け

下記のトラブルに有効です

  • 電話機1台が使えない(NTTの電話機ではない)

配線1に「不良の可能性がある電話機」が接続されている場合

電話機A(不良の可能性)と電話機B(正常)を入れ替えてみます。

  • 電話機A(不良の可能性)と電話機B(正常)を
    入れ替えてみます

【入れ替え後】

「配線1」に「電話機B(正常)」を
接続して不良が出た
➔「配線1」が不良
「配線1」に「電話機B(正常)」を
接続して不良が出ない
➔「電話機A」が不良
「配線2」に「電話機A(不良の可能性)」を
接続して不良が出た
➔「電話機A」が不良
「配線2」に「電話機A(不良の可能性)」を
接続して不良が出ない
➔「配線1」が不良
  • 機器が不良な場合は、修理・交換をしましょう
  • 配線が不良な場合は、配線をたどり状態を確認しましょう

特に配線の劣化や断線があるとショートし使えなくなります。放置すると主装置が壊れます。配線理由の場合は早めに工事業者による対応をしましょう。

  • 配線を机の脚で踏んでいる ➔ 重いものは乗せないようにしましょう
  • レイアウト変更して、配線を無理に引っ張っている ➔ 配線を延長しましょう

※NTT電話機はこちらの方法では確認できません。
自己診断方法2番をご利用ください

【自己診断方法 2番】
電話機入れ替えによる原因切り分け(NTT)

下記のトラブルに有効です

  • 電話機1台が使えない(電話機メーカーは「NTT」)

配線1に「不良の可能性がある電話機」が接続されている場合

電話機A(不良の可能性)と電話機B(正常)を入れ替えてみます。

  • 電話機A(不良の可能性)と電話機B(正常)を
    入れ替えてみます

【入れ替え後】

「配線1」に
「電話機B(正常)」を
接続して不良が出た
➔「配線1」が不良
「配線1」に
「電話機B(正常)」を
接続して不良が出ない
2つの可能性があります。
➔「電話機A」のデータ設定ミス
➔「電話機A」が不良

上記にて「不良が出ない」場合には、下記の方法を試します

  1. 電話機Bを取り外します
    (配線に接続しません。TEN番号も変えません)
  2. 次に電話機AのTEN番号を、
    元の電話機BのTEN番号に変更します
  3. 電話機Aを配線2に接続します

※必ず電話機AのTEN番号を控えてから、ご変更下さい

※TEN番号の合わせ方はhttp://ntt-nx.com/information/ten.htmlをご覧ください

電話機B(正常)(TEN002)は取り外しておく 電話機A (不良の可能性)(TEN001)は TEN002に変更します

【TEN番号変更後】

「配線2」に接続した
「電話機A」のTEN番号を
変更して不良が出た
➔「電話機A」が不良
「配線2」に接続した
「電話機A」のTEN番号を
変更して不良が出ない
➔「電話機A」のデータ設定ミス
  • 機器が不良な場合は、修理・交換をしましょう
  • 配線が不良な場合は、配線をたどり状態を確認しましょう
  • データ設定ミスの場合は、ご自身で違うTEN番号に変更するか、電話工事人へデータ設定依頼をしましょう

特に配線の劣化や断線があるとショートし使えなくなります。放置すると主装置が壊れます。配線理由の場合は早めに工事業者による対応をしましょう。

  • 配線を机の脚で踏んでいる ➔ 重いものは乗せないようにしましょう
  • レイアウト変更して、配線を無理に引っ張っている ➔ 配線を延長しましょう

データ設定ミスのほとんどは「お客様が本来使えないTEN番号にしてしまった」ために起こります。電話工事人の責任でない場合がほとんどです。

  • 増設ですか? ➔ 電話機の台数を増やす「増設」は電話工事人による工事が必要です。差込口があるからといって、電話機を接続しても使えません。
  • 入れ替えですか? ➔ 必ず、取り外した電話機と同じTEN番号に合わせましょう

※TEN番号はNTT電話機だけ。
NTT以外の電話は自己診断方法1番をご利用ください

【自己診断方法 3番】主装置の再起動

下記のトラブルに有効です

  • 電話機1台が使えない
  • 電話機複数台が使えない
  • 電話の発着信ができない

主装置の 電源を OFF

  • 電源を一度OFFにし、10秒ほどしてからもう一度ONにしましょう。症状が復旧する可能性があります

※電源をOFFにする前に注意!

なお、主装置内部には設定されたデータを保持するための「ボタン電池」があります。
あまりに古い主装置は「ボタン電池」が切れてしまい、主装置を再起動するとデータが消失します。
ご不安な場合は、ボタン電池を交換してから主装置を再起動しましょう。(ボタン電池は主装置電源がONのまま行えます)
また、稀にですが、初期化スイッチONに入ったままですと、再起動するとデータが全て消えますご不安なお客様は電話工事人にご依頼ください

【自己診断方法 4番】TEN設定変更

下記のトラブルに有効です

  • 【NTTのみ】新しく増やした電話機が使えない
  • 【NTTのみ】交換した電話機が使えない

TENキーは電話機裏面の左下に 番号変更はねじ山の小さいドライバーで

  • NTTは、電話機を配線に指すだけでは使えず「TEN設定」という設定が必要です。
    電話機を裏向けてドライバーで数字を合わせます。

具体的な設定方法

  1. まず正常に動く電話機を外します
  2. その電話機の裏にある「TEN番号」を控えます(写真では001)
  3. その電話機を外したまま、問題のある電話機のTEN番号を先ほどのTEN番号に合わせます(この場合は001)
  4. 問題のある電話機を配線に刺します

【設定後】

正常利用できる場合 ➔TEN設定が間違っていた
正常利用できない場合 ➔電話機が不良

TENについて詳しくは http://ntt-nx.com/information/ten.html を参照ください。

この問題が起こるときの症状は

  • ディスプレイに Error007 のような表示が出る
  • ディスプレイは正常通り表示されるが、外線ボタンが3つ光っぱなし

などがあります

【自己診断方法 5番】
カールコードと受話器の入れ替え

下記のトラブルに有効です

  • こちらが話した声が相手に聞こえづらいようだ
  • 向こうが話した声がこちらに聞こえづらいようだ

正常な電話機のカールコードと受話器を入れ替えてみましょう

  • 正常な電話機のカールコードと受話器を入れ替えてみましょう

【入れ替え後】

正常な電話機なのに、
不良電話機の受話器&カールコードに
交換したら問題が出た
➔受話器&
カールコードが原因

当店で、受話器&カールコードを購入できるので、交換してください。ちなみに、カールコードには【ストレート:SAXAやNTT用】と【クロス:NEC用】の2種類があり間違えると送話・受話が聞こえづらくなるのでその線も確認しましょう。

【自己診断方法 6番】コードレス電話機の音割れ

下記のトラブルに有効です

  • コードレス電話機のスピーカー音が割れている

正常な電話機のカールコードと受話器を入れ替えてみましょう

  • スピーカー部品の不良が原因です。当店で修理可能です。

ご購入後6ヶ月以内は無償修理、6ヶ月以降は有償修理でご対応できます。当店でご購入の方以外も有償修理を承ることが可能です。

【自己診断方法 7番】液晶ディスプレイの不良

下記のトラブルに有効です

  • 置型電話機の液晶ディスプレイがおかしい

置型電話機の液晶ディスプレイがおかしい

  • 修理できませんので、ご不便を感じる場合は本体を交換しましょう

理由は「経年劣化」です。 経年劣化でこの症状が出やすい機種とメーカーがあります。 修理できませんので、ご不便を感じる場合は本体を交換しましょう。ご不便を感じない場合は、このまま使いましょう。

経年劣化によるディスプレイ不良が出やすいメーカーと機種

  • NTT RX-8LTELシリーズ
  • 日立・ナカヨ Gi・IZ・IA・IEシリーズ
  • NEC DTR-**Dシリーズ(カナタイプ)
  • 岩通 NR-18KT/30KTシリーズ IX-24KTDXEシリーズ

お見積・ご発注 最短3時間 スピード見積! カートに入れた商品を確認する

  • フォームで依頼する
  • FAXで依頼する
  • カートを見る

総合案内 見積/発注方法、送料 Q&A、会社概要などをご案内します! 詳しく見る

TOP